身体のどこかに痛みを感じたとき、痛み止めを服用して対応している人は多いでしょう。
しかし市販の鎮痛剤で対処してはいけない痛みがあることをご存知でしょうか。
簡単に手に入る鎮痛剤だからこそ、作用する仕組みや抑えられる痛み、副作用についてしっかりと知っておかないと思いがけない作用が現れてしまう可能性があります。

ボルタレンを初めとした多くの市販の解熱鎮痛剤は、痛みや炎症を発生させる物質であるプロスタグランジンの生成を阻害することで鎮痛効果を示します。
身体の中の白血球や細胞は、外部からの刺激などに対してサイトカインという物質を生成するようシグナルを働かせます。
サイトカインによって炎症を起こし発熱することで外部から侵入した細菌の退治や、感染の予防に努めていますが、このシグナルが強いほど痛みが強く生じるため私たちが困る原因となります。

プロスタグランジンは、体内にあるアラキドン酸という物質を材料として生成されていきますが、その反応を担う物質の中にシクロオキシゲナーゼと呼ばれる物質があり、これが痛み止めのターゲットです。
シクロオキシゲナーゼを壊してしまえばプロクタグランジンが作られなくなるので、痛みを伝える物質が減ることによって痛みが軽減されます。

痛みを感じるためには、プロスタグランジンによる刺激が閾値と呼ばれる一定の値を超える必要があります。
ボルタレンに含まれているジクロフェナクはこの閾値を高くする作用も持っているため、より強く伝達されないと痛みを感じなくなるという働きも持っています。
これらの薬剤は2重の作用で痛みをブロックしています。
ロキソニンなども同じような働きを持っており、どれも一般的に市販されている薬ばかりです。

頭痛や歯痛、腰痛などで常用している人も多いかもしれない市販の解熱鎮痛剤ですが、どの薬にもあるように副作用が存在します。
服用する機会が多い薬剤だからこそ、副作用についてはよく理解しておく必要があります。

ボルタレンの副作用には胃痛があります

ボルタレンやロキソニンの副作用として一番有名なのは胃腸障害です。
これらの薬が阻害するシクロオキシゲナーゼは、痛みを発生させる物質を作る働きだけでなく、胃腸の表面を保護する働きも持っている物質です。
そのため、鎮痛剤によって胃腸表面のシクロオキシゲナーゼが壊されると、胃壁などに炎症を起こし胃腸障害が起きてしまいます。
鎮痛剤の服用中に下痢や胃痛などの消化器症状が出た場合は、胃腸が荒れてしまっているかもしれません。
ひどい症状が出ている場合は服用を中止し、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

ボルタレンやロキソニンなどの非ステロイド性解熱鎮痛薬は、腰痛や歯痛・生理痛による腹痛・頭痛など炎症が原因となっている痛みには大変効果的な薬剤です。
しかし、胃痛をはじめとした消化器系の痛みには逆効果になるということがお分かりいただけたでしょうか。
下痢などを引き起こしているときの腹痛や、胃の荒れにより胃の痛みなどに対してこれらの鎮痛剤を服用してしまうと、副作用によってこれらの症状を悪化させてしまう可能性があります。

胃痛には胃粘膜を保護するような薬剤や、血行を促進して消化器を温めることで胃腸の機能を改善するような漢方薬などの服用が効果的だと考えられます。
しかしどのようなことが胃痛の原因になっているのか素人が判断するのは大変困難であることに加え、間違った対処をすることで治癒が遅くなってしまうような事態も考えられるため、何か異変を感じた場合は病院にかかり専門家に相談することが一番の対処法です。

様々な痛みを抑えることができる鎮痛剤はとても便利なものですが、痛みというのは身体に異変が起きているという大事なサインです。
すべてを抑えてしまうのではなく、何が原因になっているのかを調べ、身体の異変を察知することも重要です。